メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「玉のネックレス」検索結果。

玉のネックレスの商品検索結果全2,338件中481~540件目

OVALBUY 108個ビンテージスタイルの陶器ビーズ、チベット仏教お祈り用ジャパ

Amazon

1,572

OVALBUY 108個ビンテージスタイルの陶器ビーズ、チベット仏教お祈り用ジャパ

ジャパマーラーやマーラー(栄誉を意味する)は、ヒンズー教徒や仏教徒が通常使用するビーズのセットで、普通は108玉で作られていますが、9で割り切れる他の数も使われることがあります。 マーラーは、マントラや神の名前を唱えたり、詠唱したり、心の中で繰り返したりしている間、数を数え続けるために使われます。 この慣習はサンスクリット語でジャパとして知られています。 マーラーは、ふつう19 , 21 , 27 , 54または108個の玉で作られています。 チベット仏教では、伝統的に108玉のマーラーが使用されています。 一部の修行者は、21または28玉のマーラーを使用して、平伏してお祈りします。 108玉のマーラーで100回マントラの暗唱を数ると、その後発音やその他の間違いを訂正するために繰り返し使用されます。 マーラーは主にマントラを数えるために使われます。 これらのマントラは、心の働きに関連するさまざまな目的のために詠まれます。 ビーズを作るために使用される材料は、使用されるマントラの目的に応じて変化しますが、いくつかのビーズは、すべての目的とあらゆる種類のマントラに使用することができます。これらのビーズは、菩提樹(インドボダイジュ)の木材、もしくは菩薩の種から作ることができます。ただし、実はそれは誤称であって、菩提樹ではないルドラークシャ種(ジュズボダイジュ)の樹木のものです。(その種子は小さなイチジクの中にあり、非常に小さいです。)ネパール固有のこの樹木の学名は、未だ決定されていません。他の知られていない種子から作られた汎用マーラーの玉は、チベット人からは「月と星」と呼ばれ、小売業者には「ハスの根」、「蓮の種」および「リンデンナッツ」などと呼ばれています。玉自体は非常に硬くて緻密で、象牙色(長く使用すると徐々に深い黄金色に変わります)...

OVALBUY 108個の手彫り木製スカルビーズ、仏教お祈り用マラネックレス。

Amazon

1,796

OVALBUY 108個の手彫り木製スカルビーズ、仏教お祈り用マラネックレス。

ジャパマーラーやマーラー(栄誉を意味する)は、ヒンズー教徒や仏教徒が通常使用するビーズのセットで、普通は108玉で作られていますが、9で割り切れる他の数も使われることがあります。 マーラーは、マントラや神の名前を唱えたり、詠唱したり、心の中で繰り返したりしている間、数を数え続けるために使われます。 この慣習はサンスクリット語でジャパとして知られています。 マーラーは、ふつう19 , 21 , 27 , 54または108個の玉で作られています。 チベット仏教では、伝統的に108玉のマーラーが使用されています。 一部の修行者は、21または28玉のマーラーを使用して、平伏してお祈りします。 108玉のマーラーで100回マントラの暗唱を数ると、その後発音やその他の間違いを訂正するために繰り返し使用されます。 マーラーは主にマントラを数えるために使われます。 これらのマントラは、心の働きに関連するさまざまな目的のために詠まれます。 ビーズを作るために使用される材料は、使用されるマントラの目的に応じて変化しますが、いくつかのビーズは、すべての目的とあらゆる種類のマントラに使用することができます。これらのビーズは、菩提樹(インドボダイジュ)の木材、もしくは菩薩の種から作ることができます。ただし、実はそれは誤称であって、菩提樹ではないルドラークシャ種(ジュズボダイジュ)の樹木のものです。(その種子は小さなイチジクの中にあり、非常に小さいです。)ネパール固有のこの樹木の学名は、未だ決定されていません。他の知られていない種子から作られた汎用マーラーの玉は、チベット人からは「月と星」と呼ばれ、小売業者には「ハスの根」、「蓮の種」および「リンデンナッツ」などと呼ばれています。玉自体は非常に硬くて緻密で、象牙色(長く使用すると徐々に深い黄金色に変わります)...

OVALBUY 15mmの大玉グリーンカラーの白檀ビーズ、チベット仏教お祈りと瞑想用マラ。56インチ。

Amazon

2,246

OVALBUY 15mmの大玉グリーンカラーの白檀ビーズ、チベット仏教お祈りと瞑想用マラ。56インチ。

ジャパマーラーやマーラー(栄誉を意味する)は、ヒンズー教徒や仏教徒が通常使用するビーズのセットで、普通は108玉で作られていますが、9で割り切れる他の数も使われることがあります。 マーラーは、マントラや神の名前を唱えたり、詠唱したり、心の中で繰り返したりしている間、数を数え続けるために使われます。 この慣習はサンスクリット語でジャパとして知られています。 マーラーは、ふつう19 , 21 , 27 , 54または108個の玉で作られています。 チベット仏教では、伝統的に108玉のマーラーが使用されています。 一部の修行者は、21または28玉のマーラーを使用して、平伏してお祈りします。 108玉のマーラーで100回マントラの暗唱を数ると、その後発音やその他の間違いを訂正するために繰り返し使用されます。 マーラーは主にマントラを数えるために使われます。 これらのマントラは、心の働きに関連するさまざまな目的のために詠まれます。 ビーズを作るために使用される材料は、使用されるマントラの目的に応じて変化しますが、いくつかのビーズは、すべての目的とあらゆる種類のマントラに使用することができます。これらのビーズは、菩提樹(インドボダイジュ)の木材、もしくは菩薩の種から作ることができます。ただし、実はそれは誤称であって、菩提樹ではないルドラークシャ種(ジュズボダイジュ)の樹木のものです。(その種子は小さなイチジクの中にあり、非常に小さいです。)ネパール固有のこの樹木の学名は、未だ決定されていません。他の知られていない種子から作られた汎用マーラーの玉は、チベット人からは「月と星」と呼ばれ、小売業者には「ハスの根」、「蓮の種」および「リンデンナッツ」などと呼ばれています。玉自体は非常に硬くて緻密で、象牙色(長く使用すると徐々に深い黄金色に変わります)...

OVALBUY 8mmサイズ、108個メノウビーズ、仏教お祈り用マラネックレス。

Amazon

1,572

OVALBUY 8mmサイズ、108個メノウビーズ、仏教お祈り用マラネックレス。

ジャパマーラーやマーラー(栄誉を意味する)は、ヒンズー教徒や仏教徒が通常使用するビーズのセットで、普通は108玉で作られていますが、9で割り切れる他の数も使われることがあります。 マーラーは、マントラや神の名前を唱えたり、詠唱したり、心の中で繰り返したりしている間、数を数え続けるために使われます。 この慣習はサンスクリット語でジャパとして知られています。 マーラーは、ふつう19 , 21 , 27 , 54または108個の玉で作られています。 チベット仏教では、伝統的に108玉のマーラーが使用されています。 一部の修行者は、21または28玉のマーラーを使用して、平伏してお祈りします。 108玉のマーラーで100回マントラの暗唱を数ると、その後発音やその他の間違いを訂正するために繰り返し使用されます。 マーラーは主にマントラを数えるために使われます。 これらのマントラは、心の働きに関連するさまざまな目的のために詠まれます。 ビーズを作るために使用される材料は、使用されるマントラの目的に応じて変化しますが、いくつかのビーズは、すべての目的とあらゆる種類のマントラに使用することができます。これらのビーズは、菩提樹(インドボダイジュ)の木材、もしくは菩薩の種から作ることができます。ただし、実はそれは誤称であって、菩提樹ではないルドラークシャ種(ジュズボダイジュ)の樹木のものです。(その種子は小さなイチジクの中にあり、非常に小さいです。)ネパール固有のこの樹木の学名は、未だ決定されていません。他の知られていない種子から作られた汎用マーラーの玉は、チベット人からは「月と星」と呼ばれ、小売業者には「ハスの根」、「蓮の種」および「リンデンナッツ」などと呼ばれています。玉自体は非常に硬くて緻密で、象牙色(長く使用すると徐々に深い黄金色に変わります)...

OVALBUY 8mmサイズ、108個のブルーストーンビーズ、チベット仏教お祈りと瞑想用マラネックレス。

Amazon

1,572

OVALBUY 8mmサイズ、108個のブルーストーンビーズ、チベット仏教お祈りと瞑想用マラネックレス。

ジャパマーラーやマーラー(栄誉を意味する)は、ヒンズー教徒や仏教徒が通常使用するビーズのセットで、普通は108玉で作られていますが、9で割り切れる他の数も使われることがあります。 マーラーは、マントラや神の名前を唱えたり、詠唱したり、心の中で繰り返したりしている間、数を数え続けるために使われます。 この慣習はサンスクリット語でジャパとして知られています。 マーラーは、ふつう19 , 21 , 27 , 54または108個の玉で作られています。 チベット仏教では、伝統的に108玉のマーラーが使用されています。 一部の修行者は、21または28玉のマーラーを使用して、平伏してお祈りします。 108玉のマーラーで100回マントラの暗唱を数ると、その後発音やその他の間違いを訂正するために繰り返し使用されます。 マーラーは主にマントラを数えるために使われます。 これらのマントラは、心の働きに関連するさまざまな目的のために詠まれます。 ビーズを作るために使用される材料は、使用されるマントラの目的に応じて変化しますが、いくつかのビーズは、すべての目的とあらゆる種類のマントラに使用することができます。これらのビーズは、菩提樹(インドボダイジュ)の木材、もしくは菩薩の種から作ることができます。ただし、実はそれは誤称であって、菩提樹ではないルドラークシャ種(ジュズボダイジュ)の樹木のものです。(その種子は小さなイチジクの中にあり、非常に小さいです。)ネパール固有のこの樹木の学名は、未だ決定されていません。他の知られていない種子から作られた汎用マーラーの玉は、チベット人からは「月と星」と呼ばれ、小売業者には「ハスの根」、「蓮の種」および「リンデンナッツ」などと呼ばれています。玉自体は非常に硬くて緻密で、象牙色(長く使用すると徐々に深い黄金色に変わります)...

スポンサーリンク
スポンサーリンク