メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「mido watch」検索結果。

mido watchの商品検索結果全7件中1~7件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
ポイント10倍 自動巻 MIDO ミドー バロンチェッリ Baroncelli メンズ ダイヤモンド M86004681 送料無料 腕時計

銀座 日新堂 Web Shop

168,480

ポイント10倍 自動巻 MIDO ミドー バロンチェッリ Baroncelli メンズ ダイヤモンド M86004681 送料無料 腕時計

ミドー バロンチェッリ Ref:M8600.4.68.1 自動巻、ケース径 38mm、重さ 125g、ステンレススチールケース&ブレス、サファイアクリスタルガラス(反射防止加工)、5気圧防水、シースルーバック、0.110カラットダイヤモンド12個本質を知る大人のための機械式時計 スイス・ジュラ渓谷の麓のルロックルに本拠を置く「ミドー」は、1918年に時計職人ジョージ・シャレンによって産声をあげて以降、一貫して機械式時計の名品を作り続けてきました。1930年代に開発した独自の防水構造“アクアデュラシステム"をはじめ、時計史に残る数々の工ポックメイキングを行ったことでも知られ、1934年には今も続く傑作コレクション「マルチフォート」をリリース。口ーターの回転でゼンマイを巻き上げるこの時計は、その後に起こる自動巻き時計ブームの先駆けとなりました。もちろん精度の追求にも情熱を注ぎ、1977年にはムーブメントの精度を厳格にチェックするスイスのクロノメーター検定協会(C.O.S.C)の認定テストにおいて、取得ランキング数の第2位を獲得。現在も高精度はミドーの大きなアドバンテージであり、ミドル価格帯の時計ブランドでは最大級のクロノメーター認定をパスしています。 そうした時計界をリードする高度な技術力を備える一方、「時代を超えることが真に優れたデザインの証」という信念に基づき、いたずらにトレンドを追わない洗練された外観にまとめあげるのもミドーの伝統。過剰な主張を控えたデザインは、高品質な素材使いや巧みなフィニッシュワークをかえって際立たせ、プライス以上に所有する喜びを満たす時計との評価にもつながりました。なお現行の主要コレクションに見られるいくつかのアイコン的なディテールは、時の試練を経てもモニュメントとしての荘厳な輝きを失わない世界各地の有名建築物...

スポンサーリンク
スポンサーリンク