メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「パライバトルマリン」検索結果。

パライバトルマリンの商品検索結果全784件中1~60件目

送料無料
パライバトルマリン 宝石 ルース 7.44CT

直輸入価格のルース屋さん

6,500,000

パライバトルマリン 宝石 ルース 7.44CT

QRコードで携帯電話から この商品をお買い求め頂けます。 宝石 パライバトルマリンParaiba Tourmaline 重量 7.44CT 形状 ペアシェイプ 寸法 15.27x11.18x7.45mm 産地 モザンビーク 硬度 7~7.5 品質 VS 色相 S 備考 全国宝石学協会鑑別書付き (成分分析報告書:パライバトルマリン明記) 『 カラーストーンの品質と色相の表記について 』 【青色石】 -------------------------------------------- ◆解らないことがございましたらお気軽にお問い合わせください。 当店スタッフが丁寧にご説明させて頂きます。 ◆ジュエリー加工をご希望の方は、お気軽にご相談ください。 ≫≫クライム工房 ◆当店では 天然石のダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドなど、世界中の希少な宝石を直輸入価格にて販売しております。 ルースも、後から加工も可能です。 指輪やリングは勿論のこと、ペンダント・ネックレス・イヤリング・ピアス・ボディピアス等 あらゆるジュエリー、アクセサリーの制作をお承っております。 オリジナルジュエリーをとても簡単に作成が出来ます。初心者の方でもお気軽にご相談くださいませ。 -------------------------------------------- 【トルマリン・ルースカテゴリー】 その他トルマリンのルースはこちらからご覧ください。 パライバトルマリン インディコライトトルマリン カナリートルマリン グリーントルマリン イエロートルマリン/ゴールデントルマリン クロムトルマリン(変色タイプ) ブルートルマリン ライムトルマリン ミントトルマリン レッドトルマリン/ルベライトトルマリン...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.12 カラット 94

K.Y.FACTORY

2,000

トルマリン パライバ 0.12 カラット 94

宝石名トルマリン パライバサイズ2.3x3.4x2.0(高さ)mm 重量0.12 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。カルロスは受話器の向こうで言いました。 “Yoda,これで最後にして呉れ“。 呆然としながら・・・、遠~くで声がしている様な・・・。 とうとう、この日がやって来たか・・・。 “現実はしんしに受け止めねばならない"。 カルロスとはパライバ州の住人で、34年前からのお付き合い。 僕が唱えた『童女にも手が届くパライバ』。 そのコンセプトに賛同し協力を惜しまなかった有り難い友人です。 彼の好意に甘え、長きに渡り原石を手配して呉れたカルロスくん。 パライバ州でトルマリンが採れなくなって久しく、いつかこの日が来るだろうと覚悟はしていました。 しかし、現実になると不安と一抹の寂しさが募ります。 “カルロスくん、これまで原石の手配を、ありがとう"。 バライバ州にむかいて手を合わせ、甘えさせて呉れたカルロスに感謝とお礼の言葉を・・・。 “だからと言って僕の在庫が尽きたという訳じゃない!“。 限りある在庫ですが、 カルロスの“ありがた味“を噛みしめながら出品をしたいと思っています・・・・・。 僕の写真撮りは下手くそ、それは認めます。 画像も明るさがバラバラ、それは、なるべく実石に近い色彩をお見せしたいから。 画像を明るく処理をしますと、蛍光色が実石以上に出てしまう。 それでは、お求めいただいたユザー様が“がっかり"し、落胆をするだろう。これは、僕の理念に反します。 "なら、これで良いじゃん"。と、言い訳をしながら、 “撮影方法を勉強しなければ・・・“、 とは思っています。 画像は石が台座に座らず、陳ボックスに入れて撮影をしました。

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.03 カラット 178

K.Y.FACTORY

1,350

トルマリン パライバ 0.03 カラット 178

宝石名トルマリン パライバサイズ2.0x2.8x1.0(高さ)mm 重量0.03 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』に出展をし、求められていたパライバ入りの陳ボックスです。 終活の一環とし、未来人(孫)に遺して逝くべく、 在庫に在るトルマリン・パライバの全てを出品しています。 他の“売り切り"輝石を補充しながらですので時間は掛かりますが、根気好く終了までお待ち下されたら、ユーザー様の好みと出逢うかも・・・・・。 前年、『鉱物ミネラルショー』に出品した折、小学の4.5年生でしょうか、父親に連れられた女の子がパライバのブースの前に佇み時間をかけてあれこれ吟味しています。お小遣いで買いたいのでしょう。父親は品定めしている時間の長さにウンザリ顔をしています。選んだのは2mmラウンドの2箱、総金額3.500円です。妻が紙袋に入れながら声を掛けます、 “パライバって知ってるの?"、女の子は、 “本を読んで知ってます"。 と応じます。 “偉いをネ、大きくなったらピアスに作ると良いわネ"、 お釣りを受けるとりながら、 “そのつもりでいます"。パライバを受け取った手のひらが小さくて可愛らしい事。 “ぴょこり"と頭を下げ立ち去る後ろ姿を見つめながら、 “これだ!!"。僕が手配したい石は。 “お客様が喜んでくれている"、それだけで良い。カルロスから“もう原石は手配が出来ない"と、通告された時点で、手を引く事を考えたが、女の子の満足そうな笑顔を思い出すと、再た燃えて来るのです・・・・・。 僕の写真撮りは下手くそ、それは認めます。 画像も明るさがバラバラ、それは、なるべく実石に近い色彩をお見せしたいから。 画像を明るく処理をしますと、蛍光色が実石以上に出てしまう。...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.04 カラット 174

K.Y.FACTORY

3,000

トルマリン パライバ 0.04 カラット 174

宝石名トルマリン パライバサイズ1.9x4.2x0.9(高さ)mm 重量0.04 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。パライバ州のトルマリンを発見し、世に出した人の名は“エトリッタ"。 故にトルマリン・パライバの最高色をエトリッタと称します。 ある土曜日の午後、事務所テナントビル1/FのBarでビールを愉しんでいる渡辺氏と出会いました。 渡辺氏は僕の居住地へ初めて入り、輝石を扱っている一世の日本人です。 “渡辺さん、エトリッタって人を知っている?"。 訊ねますと、先日に逢ったばっかりだと申します。 “ヨダさん、彼は成功を収めたけどね・・・・" 業界の成功者のほとんどは、酒・博打・女性・で財産を使い果たし、 おまけに借金まみれになったあげく、行方をくらませてしまう。 これはブラジルでの常道なのですが、 エトリッタは第二のパライバを探したのでしょう。 他の輝石を採掘するのに資金を注ぎ込み過ぎで、失敗をしてしまった。これもブラジルの常套なのです。渡辺氏が逢った時は服装も“みすぼらしく"見る影も無く落ちぶれ、昔の面影は無かったと申していました。 僕の写真撮りは下手くそ、それは認めます。 画像も明るさがバラバラ、それは、なるべく実石に近い色彩をお見せしたいから。 画像を明るく処理をしますと、蛍光色が実石以上に出てしまう。 それでは、お求めいただいたユザー様が“がっかり"し、落胆をするだろう。これは、僕の理念に反します。 "なら、これで良いじゃん"。と、言い訳をしながら、 “撮影方法を勉強しなければ・・・“、 とは思っています。 画像は石が台座に座らず、陳ボックスに入れて撮影をしました。

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.03 カラット 156

K.Y.FACTORY

2,550

トルマリン パライバ 0.03 カラット 156

宝石名トルマリン パライバサイズ1.8x1.8x1.4(高さ)mm 重量0.03 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』に出展をし、求められていたパライバ入りの陳ボックスです。 終活の一環とし、未来人(孫)に遺して逝くべく、 在庫に在るトルマリン・パライバの全てを出品しています。 他の“売り切り"輝石を補充しながらですので時間は掛かりますが、根気好く終了までお待ち下されたら、ユーザー様の好みと出逢うかも・・・・・。 前年、『鉱物ミネラルショー』に出品した折、小学の4.5年生でしょうか、父親に連れられた女の子がパライバのブースの前に佇み時間をかけてあれこれ吟味しています。お小遣いで買いたいのでしょう。父親は品定めしている時間の長さにウンザリ顔をしています。選んだのは2mmラウンドの2箱、総金額3.500円です。妻が紙袋に入れながら声を掛けます、 “パライバって知ってるの?"、女の子は、 “本を読んで知ってます"。 と応じます。 “偉いをネ、大きくなったらピアスに作ると良いわネ"、 お釣りを受けるとりながら、 “そのつもりでいます"。パライバを受け取った手のひらが小さくて可愛らしい事。 “ぴょこり"と頭を下げ立ち去る後ろ姿を見つめながら、 “これだ!!"。僕が手配したい石は。 “お客様が喜んでくれている"、それだけで良い。カルロスから“もう原石は手配が出来ない"と、通告された時点で、手を引く事を考えたが、女の子の満足そうな笑顔を思い出すと、再た燃えて来るのです・・・・・。 僕の写真撮りは下手くそ、それは認めます。 画像も明るさがバラバラ、それは、なるべく実石に近い色彩をお見せしたいから。 画像を明るく処理をしますと、蛍光色が実石以上に出てしまう。...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.12 カラット 196

K.Y.FACTORY

4,500

トルマリン パライバ 0.12 カラット 196

宝石名トルマリン パライバサイズ2.5x4.2x1.5(高さ)mm 重量0.12 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』に出展をし、求められていたパライバ入りの陳ボックスです。 終活の一環とし、未来人(孫)に遺して逝くべく、 在庫に在るトルマリン・パライバの全てを出品しています。 他の“売り切り"輝石を補充しながらですので時間は掛かりますが、根気好く終了までお待ち下されたら、ユーザー様の好みと出逢うかも・・・・・。 前年、『鉱物ミネラルショー』に出品した折、小学の4.5年生でしょうか、父親に連れられた女の子がパライバのブースの前に佇み時間をかけてあれこれ吟味しています。お小遣いで買いたいのでしょう。父親は品定めしている時間の長さにウンザリ顔をしています。選んだのは2mmラウンドの2箱、総金額3.500円です。妻が紙袋に入れながら声を掛けます、 “パライバって知ってるの?"、女の子は、 “本を読んで知ってます"。 と応じます。 “偉いをネ、大きくなったらピアスに作ると良いわネ"、 お釣りを受けるとりながら、 “そのつもりでいます"。パライバを受け取った手のひらが小さくて可愛らしい事。 “ぴょこり"と頭を下げ立ち去る後ろ姿を見つめながら、 “これだ!!"。僕が手配したい石は。 “お客様が喜んでくれている"、それだけで良い。カルロスから“もう原石は手配が出来ない"と、通告された時点で、手を引く事を考えたが、女の子の満足そうな笑顔を思い出すと、再た燃えて来るのです・・・・・。 僕の写真撮りは下手くそ、それは認めます。 画像も明るさがバラバラ、それは、なるべく実石に近い色彩をお見せしたいから。 画像を明るく処理をしますと、蛍光色が実石以上に出てしまう。...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.14 カラット 208

K.Y.FACTORY

3,500

トルマリン パライバ 0.14 カラット 208

宝石名トルマリン パライバサイズ2.8x4.0x1.8(高さ)mm 重量0.14 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』に出展をし、求められていたパライバ入りの陳ボックスです。 終活の一環とし、未来人(孫)に遺して逝くべく、 在庫に在るトルマリン・パライバの全てを出品しています。 他の“売り切り"輝石を補充しながらですので時間は掛かりますが、根気好く終了までお待ち下されたら、ユーザー様の好みと出逢うかも・・・・・。 年末に開かれる池袋の『鉱物ミネラルショー』。 僕はブースの内側にはほとんど居ません、外野で傍観をしているのを常としています。。 お客様と上手にお相手をするのは妻、これはある種、彼女の特技だと思っています。 それでも、産地を問われた時にだけ顔を出します。 であるから、ある意味で僕は暇な人。 ある日“ぶらぶら"しながらブラジルからのブースに立ち寄りました。 アメシストの群集だけを扱っている日本語を解せ無いブラジルからの出展者。 1つを手に取った日本人のお客様、英語で何処で産出したかを訊ねています。 応えは“ブラジル"。 “そうではない"、ブラジルの何処で産出したかを知りたいのです。 互いにとびかう単語だけの会話、“らち“がいきません。 お客様は“南フィオグランデ州産出"まで訊きつけた様ですが、 まだ食い下がっています。フィオグランデ・ド・スーン州のどの街か訊きたいのです。 ブラジル人は産地名まで知らない様子、“助け舟"をだしても好いのですが、止めておきました。 ブラジル人の勉強不足を助けるつもりは無く。 この路で生計をたてているなら、せめて産地まで知っておくべきでしょう。 そう言う僕も“鉱物としてなら"、まるっきりの勉強不足です。...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.02 カラット 20

K.Y.FACTORY

1,600

トルマリン パライバ 0.02 カラット 20

宝石名トルマリン パライバサイズ1.7x2.0x1.1(高さ)mm 総重量0.02 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。“俺が言っておくから、ヨダさんの値で良いですよ"、 と言ったのは、僕の居住地に日本人で初めて入った “渡辺“氏。 アパレル業界から転職した、この地では先輩です。 “ヨダさんの値"と申すのは彼が委託しているブローカーの値が、高い事、高い事、 とても手が出ません。 顔は見知っていても名を知らないブローカー。 僕が入山した時はブローカーだった男で、その後は身を引き駐車場の管理人をしていました。 "再たブローカーの職に戻ったのかな?"。 僕に見せる彼の輝石は渡辺氏の石、なので直接交渉に出たのです。 “そんなに高い事を言ってるの!"。 僕も“アホ“な値のオファーは致しません、 通常、“この街で買うとしたら"のオファーです。 ただ、渡辺氏の業界での信用に絶大なものがあり、欲しいパライバではありました。 信用と申すのは、『渡辺氏の輝石なら間違いは無い』との定評です。 利益が確保できる輝石は、なるべく高く売りたいとのブローカーの気持ちも理解はできますが・・・・・ 僕の写真撮りは下手、これは認めます。 画像も明るさがバラバラ、それは、なるべく実石に近い色彩をお見せしたいから。 僕が画像を明るく処理をしますと、蛍光色が実石以上に出てしまう。 それでは、お求めいただいたユザー様が“がっかり"するだろう。それは、僕の理念に反します。 "なら、これで良いじゃん"。。しかし、“この画像では売れないだろうな~"、 “処理方法を勉強しなければ・・・“。 と思つつマイペースで画像を載せました。 画像は対象が台座に座らず、陳ボックスに入れて撮影をしています。 いずれ...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.02 カラット 154

K.Y.FACTORY

1,600

トルマリン パライバ 0.02 カラット 154

宝石名トルマリン パライバサイズ1.7x1.7x1.2(高さ)mm 重量0.02 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』に出展をし、求められていたパライバ入りの陳ボックスです。 終活の一環とし、未来人(孫)に遺して逝くべく、 在庫に在るトルマリン・パライバの全てを出品しています。 他の“売り切り"輝石を補充しながらですので時間は掛かりますが、根気好く終了までお待ち下されたら、ユーザー様の好みと出逢うかも・・・・・。 人によって好みの色があるのは確かでしょう。 一昨日、4粒をお求め頂いたお客様、全て蛍光色の乏しいブルー系でした。 パライバ州パレーリャス産出で多い濃いアクアマリン色のトルマリンです。 彼の色をブラジルではエトリッタ(人名)と謳い、最高色と唱えていますが、僕個人としてはエメラルドグリーンに蛍光色が好み、何の魅力も感じません。 よって、仕入れ値に好みでの差が反映されるののも確かです。 それを含まえてユーザー様が全てのネット通販の店からお探し下さるのを願っています。 僕の写真撮りは下手くそ、それは認めます。 画像も明るさがバラバラ、それは、なるべく実石に近い色彩をお見せしたいから。 画像を明るく処理をしますと、蛍光色が実石以上に出てしまう。 それでは、お求めいただいたユザー様が“がっかり"、落胆をするだろう。これは、僕の理念に反します。 "なら、これで良いじゃん"。と、言い訳をしながら、 “撮影方法を勉強しなければ・・・“、 とは思っています。 画像は陳ボックスに入れて撮影をしました。

ブラックフライデー
送料無料
トルマリン パライバ 0.18 カラット 235

K.Y.FACTORY

16,200

トルマリン パライバ 0.18 カラット 235

宝石名トルマリン パライバサイズ2.9x4.3x2.1(高さ)mm 重量0.18 カラット産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バターリャ数量1個状態キズ有り。長い間画像一枚にての出品に慣れてしまい、 横・裏・の画像を載せるのを“うっかり“していました。 多少の明暗の異なりはお許し願うとして、 撮影時での違いの午前3:00両脇に蛍光灯を灯し、 一定の明るさに処理をした・横・裏・画像の追加をしました。 どうも“いけません“、個人的に好きな色彩を高く評価してしまう。 好きな色彩は、『エメラルド・グリーンに蛍光色』。 “贅沢な輝石だな~“。 と、思います。 しかし、当店のスタッフは青系のパライバが好まれると言う。 “エトリッタ系か・・・"。 それは、同じパライバ州でもパレーリャスで多く産出するトルマリン。 アクアマリン・サンタマリアの色彩で、 トルマリンを発見した人名“エトリッタ"の名が付く石はパライバの最高色とされています。亦、バターリャで産出するのも確かな事。 “蛍光色はエメグリーンに比べて乏しいのだけれど・・・"、 ともあれ、出品時には客観視しなければいけない。 前に出品した石とも比べ、数度となく見直しながら出品をしています・・・・・。 画像の撮影時は日中もあり、真夜中もあり、 晴れの日もあれば、曇り日もあります。 ただ、変らぬのは晴れ日でも両脇に灯す蛍光灯、 ISO AUTO 100%にて撮影をしています。 これ以上に画像を明るくしますと、蛍光色が実石以上に出てしまいます。 それでは、お求め頂き、受け取ったユザー様が落胆するだろう。 出品者の理念に反します。 “なら、これで良いじゃん"。 売れなくても善い、何時の日か誰かが理解をしてくれるだろう。 と信じつつ、自己判断にて画像は明るさを調整して載せています。...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.03 カラット 272

K.Y.FACTORY

1,500

トルマリン パライバ 0.03 カラット 272

宝石名トルマリン パライバサイズ1.8x2.8x1.0(高さ)mm 重量0.03 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』で展示をしたパライバ入りの陳列ボックスです。 年末に開かれる池袋の『鉱物ミネラルショー』。 僕はブースの内側にはほとんど居ません、外野で傍観をしているのを常としています。。 お客様と上手にお相手をするのは妻、これはある種、彼女の特技だと思っています。 それでも、産地を問われた時にだけ顔を出します。 であるから、ある意味で僕は暇な人。 “ぶらぶら"しながらブラジルからのブースに立ち寄りました。 アメシストの群集だけを扱っている日本語が出来ないブラジルからの出展者。 1つを手に取った日本人のお客様が、英語で何処で産出したかを訊ねています。 応えは“ブラジル"。 “そうではない"、ブラジルの何処で産出したかを知りたいのです。 互いにとびかう単語だけの英会話、“らち“がいきません。 お客様は“南フィオグランデ州産出"まで訊きつけた様ですが、 まだ食い下がっています。フィオグランデ・ド・スーン州のどの街か訊きたいのです。 ブラジル人は産地名まで知らない様子、“助け舟"をだしても好いのですが、止めておきました。 ブラジル人の勉強不足を助けるつもりは無く。 この路で生計をたてているなら、せめて産地まで知っておくべきでしょう。 そう言う僕も“鉱物としてなら"、まるっきりの勉強不足です。 それでも、お求め頂いた輝石の産地は“知りうる限り"ラベルに記してご送付しています。 ご覧ん頂いているのはブラジル・パライバ州サンジョゼ・デ・バターリャ産出のトルマリンです。 現在はまったく採れてはいません・・・・・。 画像は陳列ボックスに入れて撮影をしました...

ブラックフライデー
送料無料
パライバトルマリン 宝石 ルース 0.07CT

直輸入価格のルース屋さん

26,000

パライバトルマリン 宝石 ルース 0.07CT

宝石 パライバトルマリンParaiba Tourmaline 重量 0.07CT 形状 オーバル 寸法 3.4x2.4x1.5mm 産地 ブラジル 硬度 7~7.5 品質 SI 色相 S 備考 『 カラーストーンの品質と色相の表記について 』 【青色石】【希少石】 -------------------------------------------- ◆解らないことがございましたらお気軽にお問い合わせください。 当店スタッフが丁寧にご説明させて頂きます。 ◆ジュエリー加工をご希望の方は、お気軽にご相談ください。 ≫≫クライム工房 ◆各種ご相談など、お電話にても承りしております。 -------------------------------------------- 【トルマリン・ルースカテゴリー】 その他トルマリンのルースはこちらからご覧ください。 パライバトルマリン インディコライトトルマリン カナリートルマリン グリーントルマリン イエロートルマリン/ゴールデントルマリン クロムトルマリン(変色タイプ) ブルートルマリン ライムトルマリン ミントトルマリン レッドトルマリン/ルベライトトルマリン ピンクトルマリン ドラバイトトルマリン アクロアイトトルマリン・ホワイトトルマリン バイカラートルマリン トルマリンキャッツアイ トルマリン(ファンシー/その他) ブルー発色が美しいブラジル産の一石 パライバトルマリン0.07CT RECOMMEND POINT 明るいパライバブルーが魅力の一石。 貴重なブラジル産パライバトルマリンです。 世界中の人々を魅了する貴重なパライバトルマリン。 パライバトルマリンはカラーストーンの中でも大変人気があり...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.14 カラット 257

K.Y.FACTORY

4,900

トルマリン パライバ 0.14 カラット 257

宝石名トルマリン パライバサイズ2.8x3.8x1.9(高さ)mm 重量0.14 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』で展示をしたパライバ入りの陳列ボックスです。 カルロスは受話器の向こうで言いました。 “Yoda,これで最後にして呉れ“。 呆然としながら・・・、遠~くで声がしている様な・・・。 とうとう、この日がやって来たか・・・。 “現実はしんしに受け止めねばならない"。 カルロスとはパライバ州の住人で、34年前からのお付き合い。 僕が唱えた『童女にも手が届くパライバ』。 そのコンセプトに賛同し協力を惜しまなかった有り難い協力者です。 好意に甘え、長きに渡り原石を手配して呉れたカルロスくん。 パライバ州でトルマリンが採れなくなって久しく、いつかこの日が来るだろうと覚悟はしていました。 しかし、現実になると不安と一抹の寂しさが募ります。 “カルロスくん、これまで原石の手配を、ありがとう"。 バライバ州にむかいて手を合わせ、甘えさせて呉れたカルロスに感謝とお礼の言葉を・・・。 “だからと言って僕の在庫が尽きたという訳じゃない!“。 限りある在庫ですが、 カルロスの“ありがた味“を噛みしめながら大切に出品をしたいと思っています・・・・・。 画像は陳列ボックスに入れて撮影をしました。

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.11 カラット 202

K.Y.FACTORY

3,850

トルマリン パライバ 0.11 カラット 202

宝石名トルマリン パライバサイズ3.2x3.2x1.8(高さ)mm 重量0.11 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』に出展をし、求められていたパライバ入りの陳ボックスです。 終活の一環とし、未来人(孫)に遺して逝くべく、 在庫に在るトルマリン・パライバの全てを出品しています。 他の“売り切り"輝石を補充しながらですので時間は掛かりますが、根気好く終了までお待ち下されたら、ユーザー様の好みと出逢うかも・・・・・。 人によって好みの色があるのは確かでしょう。 一昨日、4粒をお求め頂いたお客様、全て蛍光色の乏しいブルー系でした。 パライバ州パレーリャス産出で多い濃いアクアマリン色のトルマリンです。 彼の色をブラジルではエトリッタ(人名)と謳い、最高色と唱えていますが、僕個人としてはエメラルドグリーンに蛍光色が好み、何の魅力も感じません。 よって、仕入れ値に好みでの差が反映されるののも確かです。 それを含まえてユーザー様が全てのネット通販の店からお探し下さるのを願っています。 僕の写真撮りは下手くそ、それは認めます。 画像も明るさがバラバラ、それは、なるべく実石に近い色彩をお見せしたいから。 画像を明るく処理をしますと、蛍光色が実石以上に出てしまう。 それでは、お求めいただいたユザー様が“がっかり"、落胆をするだろう。これは、僕の理念に反します。 "なら、これで良いじゃん"。と、言い訳をしながら、 “撮影方法を勉強しなければ・・・“、 とは思っています。 画像は陳ボックスに入れて撮影をしました。

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.05 カラット 313

K.Y.FACTORY

2,250

トルマリン パライバ 0.05 カラット 313

宝石名トルマリン パライバサイズ2.0x3.3x1.3(高さ)mm 重量0.05 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』で展示をしたパライバ入りの陳列ボックスです。 “ヨダさんの値で売るように言っておくから、"、 と言ったのは、僕の居住地に日本人で初めて入った “渡辺“氏。 アパレル業界から転職した、この地では先輩です。 “ヨダさんの値"と申すのは彼が委託しているブローカーの値が、高い事、高い事、 とても手が出ません。 顔は見知っていても名を知らないブローカー。 僕が入山した時はブローカーだった男で、その後は身を引き駐車場の管理人をしていました。 "再たブローカーの職に戻ったのかな?"。 僕に見せる彼の輝石は渡辺氏の石、なので直接交渉に出たのです。 “そんなに高い事を言ってるの!"。 僕も“アホ“な値のオファーは致しません、 通常、“この街で買うとしたら"のオファーです。 ただ、渡辺氏の業界での信用に絶大なものがあり、欲しいパライバではありました。 信用と申すのは、『渡辺氏の輝石なら間違いは無い』との定評です。 利益が確保できる輝石は、なるべく高く売りたいとのブローカーの気持ちも理解はできますが・・・・・ 画像は陳列ボックスに入れての撮影です。 台座を明るく画像処理をしますと蛍光色が実石以上に出てしまいます。ご覧んの暗き画像でご判断くださいまし。

ブラックフライデー
送料無料
トルマリン パライバ 0.32 カラット 508

K.Y.FACTORY

32,000

トルマリン パライバ 0.32 カラット 508

宝石名トルマリン パライバサイズ4.0x4.9x2.5(高さ)mm 重量0.32 カラット産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ・デ・バターリャ数量1個状態キズ有り。産出された地名はパライバ州のサンジョゼ・デ・バターリャ。 人びとは此のトルマリンを通称『パライバ』と呼んでいます。 色彩は“まちまち“で多色に富み、 価値観も人それぞれに異なります。 アクアマリン色を好む者も居れば、 明るいサファイア色を好きな者も居る。 僕の様に“エメラルド・グリーン"を好きな者も居るでしょう。 ご覧ん頂いている色彩の価値観を同じくしているのがゼ・カルロスくん。 パライバ州のサンジョゼ・デ・バターリャに採掘所を持つオーナーです。 彼のガリンポ(採掘所)で産出するトルマリンの特徴は、 ご覧ん頂いているエメラルド・グリーンに蛍光色、 そして、パライバ州のトルマリンにしては大きめな原石が産出する事。 バターリャには月に2度訪れ3人のガリンペイロ(採掘人)へ手当てを払うと申します。 しかし、産出が少なくなった今(2005年)ドイツ人に権利を売りました。 ご覧ん頂いているのは彼の採掘所から産出したトルマリンです。 12~15年前に入手をしました。 パライバ州で全く採れなくなった今日、手放す時であろうと出品をしています。色彩の価値観はゼ・カルロスと僕が同じゅうしているトルマリン。 オファーを頂く前に、他店で検索をし、同色の比較をして頂く事をお薦めしています。 尚、No500~504のソティングメモ付きの色彩をご参考にして下さいまし。

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.11 カラット 169

K.Y.FACTORY

3,300

トルマリン パライバ 0.11 カラット 169

宝石名トルマリン パライバサイズ2.8x3.5x1.6(高さ)mm 重量0.11 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』に出展をし、求められていたパライバ入りの陳ボックスです。 終活の一環とし、未来人(孫)に遺して逝くべく、 在庫に在るトルマリン・パライバの全てを出品しています。 他の“売り切り"輝石を補充しながらですので時間は掛かりますが、根気好く終了までお待ち下されたら、ユーザー様の好みと出逢うかも・・・・・。 年末に開かれる池袋の『鉱物ミネラルショー』。 僕はブースの内側にはほとんど居ません、外野で傍観をしているのを常としています。。 お客様と上手にお相手をするのは妻、これはある種、彼女の特技だと思っています。 それでも、産地を問われた時にだけ顔を出します。 であるから、ある意味で僕は暇な人。 ある日“ぶらぶら"しながらブラジルからのブースに立ち寄りました。 アメシストの群集だけを扱っている日本語を解せ無いブラジルからの出展者。 1つを手に取った日本人のお客様、英語で何処で産出したかを訊ねています。 応えは“ブラジル"。 “そうではない"、ブラジルの何処で産出したかを知りたいのです。 互いにとびかう単語だけの会話、“らち“がいきません。 お客様は“南フィオグランデ州産出"まで訊きつけた様ですが、 まだ食い下がっています。フィオグランデ・ド・スーン州のどの街か訊きたいのです。 ブラジル人は産地名まで知らない様子、“助け舟"をだしても好いのですが、止めておきました。 ブラジル人の勉強不足を助けるつもりは無く。 この路で生計をたてているなら、せめて産地まで知っておくべきでしょう。 そう言う僕も“鉱物としてなら"、まるっきりの勉強不足です。...

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.13 カラット 287

K.Y.FACTORY

3,500

トルマリン パライバ 0.13 カラット 287

宝石名トルマリン パライバサイズ2.8x3.5x2.0(高さ)mm 重量0.13 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』で展示をしたパライバ入りの陳列ボックスです。 産出された地名はパライバ州のサンジョゼ・デ・バターリャ。 人びとは此のトルマリンを通称『パライバ』と呼んでいます。 色彩は“まちまち“で多色に富み、 価値観も人それぞれに異なります。 アクアマリン色を好む者も居れば、 明るいサファイア色を好きな者も居る。 僕の様に“エメラルド・グリーン"を好きな者も居るでしょう。 ご覧ん頂いている色彩の価値観を同じくしているのがゼ・カルロスくん。 パライバ州のサンジョゼ・デ・バターリャにトルマリンの採掘所を持つオーナーです。 彼のガリンポ(採掘所)で産出するトルマリンの特徴は、エメラルド・グリーンに蛍光色、 バターリャには月に2度訪れ3人のガリンペイロ(採掘人)へ手当てを払うと申します。 しかし、産出が少なくなった今(2005年)ドイツ人に権利を売ってしまいました。 画像は陳列ボックスに入れて撮影をしました。

ブラックフライデー
トルマリン パライバ 0.20 カラット 308

K.Y.FACTORY

7,000

トルマリン パライバ 0.20 カラット 308

宝石名トルマリン パライバサイズ3.1x4.4x2.5(高さ)mm 重量0.20 カラット数量1 個産地ブラジル・パライバ州サンジョゼ(S・J)・デ・バタ-リャ状態キズ有り。上部画像は池袋の『鉱物ミネラルショー』で展示をしたパライバ入りの陳列ボックスです。 カルロスは受話器の向こうで言いました。 “Yoda,これで最後にして呉れ“。 呆然としながら・・・、遠~くで声がしている様な・・・。 とうとう、この日がやって来たか・・・。 “現実はしんしに受け止めねばならない"。 カルロスとはパライバ州の住人で、34年前からのお付き合い。 僕が唱えた『童女にも手が届くパライバ』。 そのコンセプトに賛同し協力を惜しまなかった有り難い協力者です。 好意に甘え、長きに渡り原石を手配して呉れたカルロスくん。 パライバ州でトルマリンが採れなくなって久しく、いつかこの日が来るだろうと覚悟はしていました。 しかし、現実になると不安と一抹の寂しさが募ります。 “カルロスくん、これまで原石の手配を、ありがとう"。 バライバ州にむかいて手を合わせ、甘えさせて呉れたカルロスに感謝とお礼の言葉を・・・。 “だからと言って僕の在庫が尽きたという訳じゃない!“。 限りある在庫ですが、 カルロスの“ありがた味“を噛みしめながら大切に出品をしたいと思っています・・・・・。 画像は陳列ボックスに入れての撮影です。 台座を明るく画像処理をしますと蛍光色が実石以上に出てしまいます。ご覧んの暗き画像でご判断くださいまし。

ブラックフライデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク